利益金額の2分の1超えで「納税の猶予」不許可処分取消し!

Pocket

「納税の猶予」が認められないことを不服として国税不服審判所に対して行う審査請求。

本事例は、そのことにより「納税の猶予」不許可処分を取り消す裁決を勝ち取った事例となっている。

本記事のポイント

  • 「納税の猶予」の適用要件
  • 事業に著しい損失
  • 「納税の猶予」の延長申請

「納税の猶予」不許可処分の取消

「納税の猶予」が認められないことを不服として、札幌国税不服審判所に審査請求を行っていた北海道旭川市のマジメさん(仮名)=印鑑の加工・販売-法人=は先ごろ、「納税の猶予」不許可処分を取り消す裁決を勝ち取った。

「納税の猶予を申請してから1年半。仕事人グループ(仮名)に出会ったからここまで頑張ることができた」と喜びを語った。

「納税の猶予」の要件:著しい損失

不服審判所で争点になったのは「納税の猶予」の要件を定めた「事業につき著しいい損失を受けた」(国税通則法46条2項4)に関わって減価償却費などの損益計算に含めるかどうかであった。

原処分庁(旭川中税務署)は現在の支出を伴わないことを理由に、含めずに損益計算をすべきと主張。それに対して不服審判所は会計処理基準に照らして減価償却費などを計算に含めることが相当と判断した。

それらを含めて損益計算すると、調査期間(平成24年1月~12月)の損失金額が基準期間(平成23年1月~12月)の利益金額の2分の1を超えていることから「納税の猶予」の要件を定めた「事業につき著しいい損失を受けた」(国税通則法46条2項4)の4号事案に該当すると認め、原処分(平成25年4月10日付で出された納税の猶予不許可処分)を取り消す裁決を出したものだ。

所得税、消費税、延滞税

法人で印鑑の加工・販売を営むマジメさんは、売上減少などで09年頃から源泉所得税や消費税の納付が滞るようになった。

延滞税をふくめて180万円以上が未納となり、旭川中税務署は「払えなければ、家族従業員の長男の自宅を差し押さえる」と脅してきた。

困ったマジメさんは昨年1月から知り合いから紹介された仕事人に相談。1月28日、「納税の猶予」を申請した。

ところが、同税務署は調査期間の利益が黒字であること、基準期間と調査期間の売上の対比で22.9%減にとどまっているため「納税の猶予」には該当しないとして4月10日、不許可通知を出した。

税務署の判断に異議申立

異議申し立てを行ったマジメさんは代理人を立て、口頭意見陳情で反論。

調査期間と基準期間の利益額の減少幅は62.5%であり、「国税庁が納税の猶予を規定した調査期間の損益計算において基準期間の利益金額の2分の1を超えて損失が生じている場合」(「納税の猶予等の取扱要綱の制定について」昭和51年6月通達文書)に該当すると主張。

しかし、同税務署は納税の猶予は調査期間、基準期間の両期間が赤字であることが前提と主張し、異議申し立てを却下した。

不服審判所の閲覧では、決算期末の試算表を改めて確認したところ、減価償却費などを含めると調査期間、基準期間の経常損益の下方修正が必要であることが判明し、原処分の取り消しにつながった。

納付が困難で滞納に至った状況

また、納付困難についても積極的に納付能力調査を求めた。

不服審判所が店舗に出向いて売上帳などの確認と聞き取り調査を行った際、マジメさんは光熱費の支払いや従業員の給料などを自身の年金で賄っていること、併せて家計状況を訴えた。

一方、裁決は「著しい損失とは赤字を意味するものではなく、調査期間の利益額が基準期間の利益額より減少していること」というマジメさんの主張は「請求人の主張には理由がない」として退け、不満が残るものであった。マジメさんは現在、納税の猶予の延長の申請にかかっている。

3D Render of Morph Man with gavel(参考:全国商工新聞から)

納税の猶予

この「納税の猶予」制度は、正確には、国税と地方税によって制度の名称が違う。

  1. 国税の、「納税の猶予」(国税通則法46条2項)、
  2. 地方税の、「徴収の猶予」(地方税法15条1)、

ややこしいうえに概要は同じなので、まとめて「納税の猶予」と呼ぶ

「納税の猶予」が認められれば、

  1. 1年以内の納税が猶予される。また、最大2年の延長ができる。
  2. さらに、この制度で「猶予」が認めると延滞税が減額・免除される。
  3. また、「滞納」という扱いでは無くなるため、自治体の制度融資を受けることが可能となる。

また、2015年に新設された申請型「換価の猶予」は申請の87%超が適用され、従来型の職権型「換価の猶予」も以前の3倍の適用が認められ飛躍的に向上している。猶予制度は大きな転換期を迎えている。

今、制度を利用し財産を守ることで、事業・生活・家庭を守らない手はない。詳しくはトップページにて詳しく示している。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

実際に私たちが多くの差押え問題を解決してきたノウハウをPDFにまとめたもので、これまでは企業秘密としてクライアント様の解決のみに活用してきた極秘マニュアルです。多くの人がこのマニュアルで財産を守ることをお約束します。

お客さまの声

三重県:男性

「督促状・差し押さえ対策マニュアル」を購入し、拝読させて頂きました。 WEB上には 星の数ほどインチキな情報や商材が溢れております。そんな中… 必死に生き抜こうと考えている経営者にとりまして、とても有意義な著述書でございましたので、その旨をお伝えしたくメールをしたためさせて頂きました。 現時点で、私が助けて頂いているWEB上の救いの神は貴社と○○社様のみと認識させて頂いております。ありがとうございました。

兵庫県:女性

差押え解除のお願いに役所に何度出向いても「無理」の一点張りでしたが、督促状・差押えマニュアルを読んで交渉したら職員の態度が180度かわりました。本当にマニュアル通りに交渉したらこんなに簡単に解決できたのにビックリです。今後は経営を立て直すための勉強もしっかり進めていこうと考えています。再チャレンジができるのもマニュアルのおかげです。ありがとうございました。また、これからもよろしくお願いします。

愛知県:男性

御社が資金繰りが専門の会社とは知りませんでした。スタートアップセミナーなどにも多く参加しネットショップを開業しました。しかし、現実は厳しく学んだものはほとんど使えない知識ばかりでしたが、ここの情報は凄い!ほんとに凄いです!言われてみたら「なるほど」と思うことばかりですが、こんなに簡単にすぐに成果を出せるノウハウは他には絶対ないですね。開業前に知っていたらこんなに苦労しなくて済んだかも・・・です。

無料 差押え3対策

差押問題の解決には3つの必要なことがある。

  1. ひとつ目は、法的制度を活用し、確実に徴収権力から差押えを回避・解除・返金することだ。
  2. 二つ目は、そもそもの税・保険料額を見直す。
  3. 三つ目は、収支・資金繰りを見直す。

ひとつ目は上記に示すマニュアルを参考にしていただきたい。二、三については自分では十分に実施していると思っていても、第三者が客観的に見直すことで状況が一気に好転する場合も多々ある。

私たちがコンサルティングしているクライアント様であっても、見直すとほとんどの場合は改善点が見つかる。

ただ、私たちが直接コンサルティングを行うと高額となるので、無料で見直しができるコンテンツを以下に示すので活用していただきたい。

税理士選び 無料

専門家が見直すことにより、本来であれば払わらなくてもよい税金や保険料が発生していることが発覚する場合は驚くほど多くあります。

「長年同じ税理士に任せている」「ご自身で確定申告を行っている」、最悪なのは「税務署で確定申告を行っている」場合です。

「更正の請求」という修正申告の方法もあります。これを機に申告・決算のみならず担当税理士の顧問報酬を引き下げることも同時に検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

ファクタリング 無料

ファクタリングとは売掛金を買い取るサービスです。差押えを既に執行されていたり、差押えが迫った中では金融機関からのスムーズな借入ができない状況は多々あります。

多くの場合は売掛金を差押えます。売掛金を差押えられると取引先からの信用を失い取引停止・廃業と追い込まれるケースも少なくありません。

売掛金を差押えられるくらいなら、早めに現金化し分納するほうが良い場合も多くあります。

詳しくはこちら

弁護士事務所 無料

差押え問題の解決には債務整理も大きくかかわってきます。

例えば、税金・保険料の滞納は自己破産を行っても消えることはありません。

しかし、滞納している税金・保険料の納税義務を消滅させることでゼロにする唯一の方法である「滞納処分の執行停止」という制度は、債務整理と同時に行うことで適用される場合が非常に多くあります。

詳しくはこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

※返信メールが届かない場合は誤入力となっています。直入力ではなくコピー&ペーストをお勧めします。

評価
レビュー日
記事
納税の猶予
評価
51star1star1star1star1star
メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加