国民健康保険料:月額1万6420円が減免申請で1万円減額に!

Pocket

東京都新宿区のマジメさん(仮名)=料飲=は昨年6月、新宿区への国民健康保険(国保)料減免申請が承認され、月額1万6420円の国保料が1万円下がり半年で6万円以上の減額になった。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

国保料の支払いが大きな負担

地方から兄弟全員が、東京に出てきたマジメさん。一人暮らしをしていた母を介護するため実家を処分し、都内の介護施設へ。

しかし、入居費用や毎月の費用がかさみ、母の年金だけでは足りない状況に。兄弟で相談し、毎月、一定の費用を出し合うことになり、国保料の支払いに困っていた。

減免申請制度を知る

仕事人グループ(仮名)のメンバーから区の減免申請制度があると聞き、毎月のパソコン基調を基に申請書を作成。

国保課職員も親切に相談に乗ってくれ、減免基準(生活保護基準の1.2倍以下)に合ったので、すぐに承認された。

年々上がり続ける国保料

国保は本来、みんなが安心して医療にかかれる制度。でも、年々保険料が上がり続け、払いたくても払えず、滞納して保険証を取り上げられ、必要な医療を受けられない人もいる。

マジメさんは、「減免申請が利用できて助かった。皆さんも困ったとき、もっと制度を活用し、経営と生活を守った方がよい」と語っている。

👉 解決事例をすべて見る

参考:全国商工新聞から

国民健康保険(国保)料の減免申請制度

クソ高い国保料。簡単に言うと、安くするのが減免制度だ。

この減免には申請が必要で、要件を満たしていれば国保料が減免または免除となる。ただ、ちょっとややこしいのが、この要件は市区町村ごとに違う。

理由は、国保の運営は市区町村に任せられているからだ(今後は都道府県に変更の可能性が高い)。詳しくは居住地の自治体に確認する必要がある。

国民健康保険(国保)料の減免申請制度の詳しい説明はこちら👉国保料が減免!該当すれば

国保料の滞納は納税緩和処置制度

高すぎる国保料が払いきれず滞納が発生しそうな人や、すでに滞納状態にある人が活用できるのが「納税緩和処置制度」だ。

「納税緩和処置制度」は税金の滞納問題だけでなく、国保料や社会保険料などの滞納問題でも活用できる。

「納税緩和処置制度」を活用することで、法的に差押えを回避でき、延滞金を大幅減免または消滅させ、滞納分を払える金額で分納が可能となる。

「納税緩和処置制度」の種類や適用要件などの解説はこちら👉滞納の住民税・市民税・固定資産税!差押えを回避する方法は

国保料の滞納問題を「納税緩和処置制度」を活用し、解決した事例はこちら👉国保料の差押え回避!税金・保険料でも活用可能な方法は

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加