国保料滞納で差押え!預金72万円を解除し利息を加え返還に

Pocket

ocihmf0

静岡県静岡市のマジメさん(仮名)と母のヨイ子さん(仮名)=建築=は3月24日、静岡市が国保料の滞納を理由に差し押さえた預金を解除させ、約72万円と差押後の利息を返還させた。

昨年3月末マジメさんの父が急死した後、相続放棄の手続きをしたにもかかわらず、ヨイ子さんの口座を差し押さえるという不当性を追求して解除させたものだ。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

国保料・滞納の差押えを解除

差押え通知が来たときは『納めていなかったのだから仕方がない』と諦めていた。

マジメさんが相続放棄を行ったことで相続人である遺族は故人の滞納分の納付義務はなくなる。

ところが昨年7月清水区役所国保課から「奥様の預金通帳を見せてほしい」との連絡があり、通帳を見せた数日後、72万円を差し押さえた旨の通知が送られてきた。

差押えの不当性を追求

「納めていなかったのだから仕方がない…」と諦めかけていたヨイ子さんでしたが、仕事人(仮名)に相談。すぐに国保課と交渉した。

課長や職員らに「相続放棄したのだから、差押えは不当」と追及すると「さう族放棄について確認していなかった、大変申し訳ない」と謝罪。

開き直り暴言

同席した家族が「通帳を見せた途端に差し押さえるのは乱暴すぎる」と抗議すると職員は「国からの指導で本人に確認しなくとも差押えはできる」と暴言を吐いた。

これに対して「差押えにも法的手続きが必要。こんなやり方は許されない」と厳しく非難。

後日、職員から「これまでの利息を付けて差し押さえた金額を返金したい」と連絡があった。

👉 解決事例をすべて見る

11898-nnz7k8

(参考:全国商工新聞から)

相続放棄後の差し押さえ

このケースは意外と多い。相続放棄を行ったことで相続人である遺族は故人の滞納分の納付義務はなくなる。

このことは納税者側が知識の共有として広めなければ 、役所による犯罪行為が「知らなかった」ととぼけた言い訳で平然と行われる状況が続く。

感想:税金強奪事件

ええの~役所は。勘違い暴言を吐いた挙句、「これまでの利息を付けて差し押さえた金額を返金したい」で金を返せば許されるのだから。

これ、相手が知らないことを利用した詐欺未遂の事件やろ。他にも知らずに詐欺被害にあっている方は大勢いると思う。

強制的なので、オレオレ詐欺より質が悪い。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加