国保料の差押え回避!税金・保険料でも活用可能な方法は

Pocket

business_16

営業不振などで分納していた国民健康保険料(国保料)が予定通り納付できず、区役所から差押え予告を受けて困っていた大阪府住之江区のマジメさん(仮名)=美容=はこのほど、仕事人グループ(仮名)のメンバーとともに「換価の猶予」を申請。

生活実態、納付計画(12回)、年間収支を記入して提出したところ受理され、国保証も取り返すことができた。

「換価の猶予」は国保料だけでなく、各種税金や社会保険料でも活用できる。

保険証も取り上げられる

高すぎる国保料が払いきれずに滞納になっていたマジメさんは国保証も手元になく、病院に行けない状態であった。

仕事人グループのメンバーと一緒に区役所窓口に行き、消費税8%になってから売上が伸びないこと、無駄を削って懸命に商売を続けていることを訴えたが区役所は全く聞き入れず、

①一括払い

②財産差し押さえ

という態度を崩そうとしなかった。

 換価の猶予の申請

交渉で納税緩和処置制度を示し、換価の猶予申請用紙を請求すると態度が一変。申請を受け付けると、差押えすることなく分納が認められたものだ。

マジメさんは「区役所では緊張しましたが仕事人グループのメンバーが一緒で心強かった。

私のように誰にも相談できず一人で悩んでいる人はたくさんいるでしょうね。本当に助かりました」と話している。

👉 解決事例をすべて見る

business04

(参考:全国商工新聞から)

放ったらかしにせず制度申請

国保料の支払いが困難となった場合には、以下の順序で、

①減免申請

②「徴収の猶予」の申請

③「換価の猶予」の申請

などの制度の活用により、国保料を払える金額、方法にすることが必要だ。

何故なら、国保料を滞納し、放ったらかしにしていると、滞納額に加え延滞税も付き雪だるま式に膨らんで行き、最後は財産を差押えられることとなる。

①減免申請以外は各種税金や社会保険料でも同じく、「徴収の猶予」・「換価の猶予」は申請・適用可能だ。

最後は保険証が取上げられる

また、納付額が膨れ上がるだけでなく、国保証そのものが以下の順序のようになっていく

①短期被保険者証(短期証)

滞納が発生した時点から可能性あり。多くは6カ月程度の有効期限が決められた保険証となる。

②資格証明証(資格証)

病院での治療費の窓口負担(3割)が10割の全額負担となる。後日に申請し自己負担以外の7割が還付される。

高額療養費貸付制度が利用できなくなる。

  • 入院など一部負担金の限度を超えた医療費は申請すれば後から高額療養費として支給される。(償還払い)
  • 高額療養費貸付制度は、高額療養費が支給されるまでの間、8割を貸し付ける制度だ。そのことで、急な入院などで高額な医療費の支払いが困難な場合、限度額を超えた医療費は立替える必要がなくなり、病院の窓口には一部負担金のみの支払いとなる。

感想:高い国保料

高い国保料は、保険料という呼び方だが、若くて健康で、病院に係ることが無いからと言って支払わなくてもいいわけではない。

みんな平等に高齢になって行き、病院に係ることも多くなっていく。その時に「いつでも・どこでも・だれもが」平等に医療が受けれるという国民皆保険制度は、この国の制度の中でも最も素晴らしい制度の一つであると思う。

ただ、現状ではクソ高い国保料(税)、おまけに治療を受けるたびに約3割と言うボッタクリ窓口負担を支払わなければならない。保険と呼べる制度なのか疑わしい。

国民皆保険の理念に反し、保険料を払うために健康を害する程に働き、高すぎる窓口負担によって治療が継続できないとうい本末転倒な状況になっていることも間違いない。

換価(売却)の猶予

「換価の猶予」とは、すでに差押えられている財産。または、今後差し押さえの対象となりうる財産。の換価処分(公売)を、一定の要件に該当した場合に猶予し、分納を認める制度だ。

「換価の猶予」が認められると、

  1. 猶予期間(最長2年)の延滞税が半分免除になる。
  2. 認められれば通常、延滞税は9.1%で計算されるが、年率1.8%で計算され、免除の範囲がいっそう拡大する。
  3. 更に、既に差押えられている財産は公売にかけられない。

 

特に2015年に新設された申請型「換価の猶予」は申請の87%超が適用され、従来型の職権型「換価の猶予」も以前の3倍の適用が認められ飛躍的に向上している。猶予制度は大きな転換期を迎えている。

今、制度を利用し財産を守ることで、事業・生活・家庭を守らない手はない。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加