社会保険料の滞納280万円!差押えられるも解除し分納に!

Pocket

兵庫県西宮市のマジメさん(仮名)=造園=は長引く不況の影響で経営不振となり、約200万円との消費税と約500万円の社会保険料の納付が困難となっていた。

消費税に関しては完済したが、社会保険料は納めきれず年金事務所と相談し、分納を約束。しかし予定通り納付できなかった昨年12月、280万円の売掛金などが年金事務所に差し押さえられた。

社会保険料の280万円を差押え解除

困ったマジメさんはインターネットで知った仕事人グループ(仮名)に相談。12月26日に仕事人グループのメンバーら3人で差押え解除を求めて年金事務所と交渉した。

徴収課長は「差押えた売掛金でも社会保険料の滞納分には足りない。解除はできない」と回答。

マジメさんは「売掛金を持っていかれたら倒産するしかない」と実情を説明。仕事人も「差押えによって経営も生活も破たんする。これでは元も子もない」と訴えた。

徴収課長は「(社会保険料の分納の)約束を守らなかった」と反論。

差押えで自殺者も

しかし仕事人は「滞納分を生命保険で払えと迫られ、自殺に追い込まれる納税者もいる。それを防ぐために国税徴収法などで納税緩和処置が規定されているはずだ。納税と人命のどちらを重んじるのか」と問いただす。

すると徴収課長は「人命だ」と回答。マジメさんも「結果的に分納約束を守れなかったことは申し訳ない。今後はしっかりと納付したい」と答えた。

差押えを解除

後日、担当者から「売掛金の差押えを解除した」と連絡があった。

マジメさんは「これで社員の給料や家賃、融資の返済を支払うことができる。本当に助かった」と語った。

 o9iy4g0

(参考:全国商工新聞から)

滞納・差押えには理由がある

分納の約束を果たせなかったのは確かに悪い。しかし、社会保険料が上がり、消費税も上がり、そのことで消費が冷え込み、経営が悪化することは良くある。

これは経営者の努力がどうこうではなく、政策の問題だ。売掛金の差押えは、取引先との信用問題に関わる死活問題だ。

この差押えにより、「経営も生活も破たんする。これでは元も子もない」という言葉は本当にその通りだ。

ポイント:早目の対応

納税が困難になった時点で、早い段階で制度の活用など、しっかりとした対応が深刻な事態にまで発展するのを防ぐ。早目の対応が重要だ。

マジメさんは今回、差押え解除が実現し、事業を継続することが出来て本当によかった。

ただ、経営環境の厳しさが解消したわけではない。これを機に経営や計画を見直し、より良い経営環境を築くことを目指し頑張っていただきたいです。

👉 社会保険料の詳しい差押えの動向はこちら

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

実際に私たちが多くの差押え問題を解決してきたノウハウをPDFにまとめたもので、これまでは企業秘密としてクライアント様の解決のみに活用してきた極秘マニュアルです。多くの人がこのマニュアルで財産を守ることをお約束します。

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

※返信メールが届かない場合は誤入力となっています。直入力ではなくコピー&ペーストをお勧めします。

メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加