市県民税・固定資産税・国保料が180万滞納!分割納付に!

Pocket

04

国民健康保険(国保)税や市県民税、固定資産税を合わせて180万円程が未納だった長崎市のマジメさん(仮名)は9月24日、長崎市と粘り強く交渉し希望額の分納を認めさせ、差押えの回避をした。「仕事人グループ(仮名)に出会えて本当に良かった」と話している。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

国保料・市県民税・固定資産税の差押えを回避

外壁などのエクステリア工事をするマジメさんは単価の引き下げの影響などで売り上げが減少、5年ほど前から国保税や地方税の納付が滞るようになった。

これまで納付できる金額を納めていたが、長崎市は度々、差押えを予告。マジメさんは11月、市に納付相談を行い、「不動産を差し押さえられれば融資などにも影響が出て商売上、大きな障害になる」と訴えた。

誓約書に押印

しかし、聞き入れてもらえず、「毎月5万円5000円ずつを分納し、2014年4月からは8万円ずつ支払う」という誓約書に押印させられた。

知り合いから仕事人グループを紹介された。マジメさんはそれまで長崎税務署が設けた会場に行き、税理士に言われるままに申告書を作成していた。

「税金を払える状況ではないことを必死に話しても相談に乗ってもらえず、悔しい思いをした」と告げた。

数字で示し分納での交渉

4月になって仕事人グループのメンバーと一緒に市と交渉。6~7万円の分納を要求したが、担当者は「それだけでは足りない」と言い続け、6月の交渉も物別れに終わった。

7月の交渉では、1か月間の収支を示し、「仕事に必要な軽トラを買い替えたい。

ローンの支払いが発生するので、納付額を当面5万円にしてほしい」と要求。

市の担当者は「生命保険の掛け金2万円が高い。もっと低い掛け金の保険に入れないのか」と言い放った。その場で抗議したが、職員はさらに生活費の見直しを求めてきた。

分納で差押えは回避

9月24日の交渉でも当初、「2年以内に納付を終える計画でないと駄目。月8万円の納付が出来なければ差し押さえを行う」と強硬な態度は崩さなかったが、粘り強く交渉し、市の担当者はようやく「協議にかけます」と変化。

数時間後、「申し出の通り、来年4月までは5万円を分納。5月から8万円を分納することで、差押えは行わない」と伝えた。

👉 解決事例をすべて見る

of71ya0

(参考:全国商工新聞から)

粘り強く交渉

マジメさんは本当に粘り強く交渉し、差押えを回避したと思う。

一方の長崎市の担当職員も相当しつこい。ここまで来たら最後は、「よし、分かった。足りない3万円は私が立替えて支払おう」って言ってほしいが、さすがに無いか。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加