土木工事代金の未払い金600万円を支払わせた方法【解決事例】

Pocket

群馬県前橋市が発注した土木工事代金の未払いで困っていた群馬県前橋市のマジメさん(仮名)=土木=は5月31日、元請け責任を追及して600万円の下請け代金を受け取ることができた。

「下請け泣かせで苦しんでいる業者が大勢いる。皆さんのおかげで泣き寝入りせず、早期解決でき、本当に良かった。感謝しています」と話している。

工事代金が未払いに

マジメさんは昨年11月、(株)S工業の2次下請けとして道路改良工事を受注した。工事代金は2751万円。3月1日までに787万円が支払わた。

ところが、工事完成後、1次下請けのY工業(株)から「(株)S工業の材料代相殺で48万円の過払いが発生している」と告げられ、残りの工事代金が未払いに。

マジメさんは3月から従業員の給料や外注への支払いができずにいた。

行政が特定建設業者に勧告

そんなとき仕事人グループ(仮名)を紹介され、5月10日に「市が発注した道路改良工事代金の一部が、元請け会社からもらえない」と相談。

元請け会社が特定建設業者(注)の場合、下請け業者を保護する立場にあり、下請け代金の不払いが発生したとき、行政が特定建設業者に立て替え払いなどを勧告できることなどを知った(建設業法41条)。
マジメさんはその場で、仕事人グループのメンバーらと一緒に前橋市契約課の指導を要請するなどの対応策を考えた。

三者協議で600万円が支払に

5月12日には仕事人グループのメンバーが市議と一緒に市の契約課と交渉し、この間の経過を説明。

そのときに(株)S工業が市に届けた報告書の工事金額や下請け関係などが事実と違うことが判明し、契約副参事は「このままでは今後、入札資格停止になりうる」との認識を示した。

また、1次下請けのY工業(株)も特定建設業者であることが判明。その後、市契約課と(株)S工業、マジメさんの三者協議が5月27日に開かれ、(株)S工業がマジメさんに600万円を支払うことで和解した。

(注)特定建設業者

発注者から直接工事を請け負い、かつ3000万円(建築一式工事の場合4500万円)以上を下請契約して工事を施工する者。

参考:全国商工新聞から

あなたにとって最も有益な情報を

工事代金の未払いは非常に多いが、取引関係を考えるとどのように回収するのかは難しい問題だ。

難しい問題なだけあって、ズルズルと回収が遅れると、遅れるにしたがって未払い金を回収することは難しくなる。

実は回収には手順と確かなノウハウがある。

単純に弁護士に依頼して、内容証明を送り、最後は裁判で回収することが最もよい方法と思い込んでいる場合も多い。

そんなに単純に回収が可能なら、どの建設業者も困らない。未収金回収の解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

成果を確実に上げるためのマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

※返信メールが届かない場合は誤入力となっています。直入力ではなくコピー&ペーストをお勧めします。

メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加