住民税が5万円下がり、2万5000円の所得税還付【更正の請求】-仕事人

Pocket

還付・家賃が減免

東京都渋谷区のマジメさん(仮名)=プラスチックケース製造=は8月末、「更正の請求」が認められ、2万5000円の所得税の還付が決定した。これによって住民税が5万円近く下がり、国民健康保険(国保)料や都営住宅家賃も減額されることとなった。

税金の問題などを仕事人グループ(仮名)で学んでいたからこそ、申告の間違いに早く気付くことができた」と話している。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

👉 借金でお困りの方はこちら

控除額の違い

マジメさんには営業所得と年金所得がある。

年金の所得金額は年金収入から年金控除額を引いたもので、低額の年金受給者の年金控除額は65歳未満は70万円、65歳以上は120万円になっている。

学習から気付く

ところが昨年7月末に65歳を迎えたマジメさんの控除は120万円だが、「70万円の控除額で計算してしまった」ことに気付いた。

控除が120万円の場合は所得が下がり、税金も低くなる。マジメさんは8月5日、税務署に「更正の請求」を行っていた。

👉 解決事例をすべて見る

mix-cghj3-150ppp-01

(参考:全国商工新聞から)

感想:控除の申告の勉強になった

へー、知らなかった。みんなが知っていることなのか?

これ、間違って計算してしまっている人はけっこう多いように思う。控除額だけでも50万円もの違いなのでかなり大きい。これを読んでいる人や、周りにこのような状況の方がいらっしゃれば、是非、教えてあげたいですね。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加