住民税など200万円滞納→自宅が差押え→公売に!回避した方法

Pocket

住民税や国民健康保険(国保)税の滞納を理由に、自宅と貸店舗を公売にかけられると迫られた岩手県一関市のマジメさん(仮名)=不動産賃貸=は先ごろ、市と交渉して今年度内の公売を猶予(延期)させた。

「私の思いを受け止めて背中を押してくれた仕事人グループ(仮名)の皆さんに感謝します。再度やり直したい」と決意している。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

住民税・国保料の滞納で公売に

マジメさんは20年ほど前、息子の進学に伴って多額の教育費が必要になったことから、一関信用金庫に融資を求めたが、融資は一部にとどまり、やむなく残額を消費者金融(サラ金)から借り入れた。

当時は年利29.2%で、マジメさんは返済しても元金が減らず、多重債務に陥った。家族が大病を患ったこともあり、市税の滞納は200万円に達した。

今年6月、一関市から自宅と貸店舗を差押えたとの通知が届き、さらに「8月23日に公売にかける」と通知された。

公売を回避するための交渉を

そのことを知った妹さんが「仕事人グループなら相談に乗ってくれるはず」と話し、8月17日に2人で相談した。

仕事人グループのメンバーは一関市との交渉を提案した。

公売日まで2日に迫った8月21日、仕事人グループのメンバーと一関市収納課を訪ねたマジメさんは、「生活が困窮し、悪意をもって滞納したのではない」と訴えた。

係長からは「事情は分かりました。23日の公売はいったん延期します」と約束し、月末までに滞納の原因を書面で提出することを求めた。

収納課が公売を見合わせる

その後、マジメさんはアドバイスを受けながら「物件の公売中止を求める嘆願書」を作成し、8月31日に提出。

係長は「年度内の公売は見合わせます」と回答した。

マジメさんは徐々に元気を取り戻し、月に1回のペースで収納課を訪ねて月々の収支など生活実態を報告するとともに仕事人グループのメンバーの支援を受け、過払い請求にも着手し、前向きに歩み始めている。

👉 解決事例をすべて見る

参考:全国商工新聞から

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

資金調達ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加