入院費の20万円が免除!-仕事人

Pocket

Doctor with stethoscope in the hands

入院費が無料

足首を骨折して入院を余儀なくされた京都府山科区のマジメさん(仮名)=サービス=はこのほど、京都市国民健康保険(国保)の「一部負担金免除」を申請し、約20万円の入院費が免除になった。

「入院費が免除になったので助かった。退院し元気になったら、滞納保険料を払っていきたい」と話している。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

国保料の滞納で短期保険証も切れる

過去に国保料の滞納が約30万円あり、分割で払ってきたマジメさん。

しかし、今年からの支払いが困難となり、2月末で短期保険証も切れていた。骨折し病院に行こうにも保険証がないため、仕事人グループに相談した。

すぐに仕事人グループのメンバーと一緒に区役所に行き、滞納の保険料は分割で払うことを約束。病院で治療の必要性・緊急性を説明し、その場で短期の国保証を発行してもらった。

地元のヒトダスケ診療所(仮名)に相談して、すぐにヒトダスケ病院に入院手術することができた。

一部負担金免除の申請

今回の入院で副業のアルバイト収入も途絶え、生活が苦しくなることなどを説明し、収支を説明する文書も付けて、「一部負担金免除」を申請した。

同制度は、国保の3割自己負担分を免除する制度だが、所得基準や財産調査等の基準がある。マジメさんの場合は、滞納があるため入院期間のみの適用となったが、申請通りの決定がされた。

(参考:全国商工新聞から)

👉 解決事例をすべて見る

 oeojnq0

まとめ:保険料の滞納

保険料の滞納があると、本来は活用できるはずの制度の多くが原則的には制限がかかってくる。

しかし、本来は滞納や分納で納税している人こそがこのような制度を必要としている。国保料の滞納が続くとどうなるかなどの流れや、必ずしも滞納があるからと言って減免や免除といった制度が活用できないわけではない事例は、ここでの解決事例を参考に制度を活用し、あなたの命と健康を守っていただきたい。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加