市税と介護保険料4万円還付!追徴が一転で-仕事人

Pocket

o9iy0x0

市税と介護保険料を還付

岩手県一関市のマジメさん(仮名)とヨイ子さん(仮名)夫婦=建築=は先ごろ、仕事人グループ(仮名)のメンバーと一緒に一関市と交渉し、市税と介護保険料を合わせて4万円の還付を実現した。

「仕事人グループのメンバーに相談して本当に良かった。一人ではとても税務課まで足を運べなかった」と二人は笑顔を見せている。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

市に農地を売却

マジメさん夫婦は2013年、市道の拡張工事に伴って市に農地を56万円で売却した。

同年分の申告が赤字のために売却分が合算されても税金はかからないと安心していたが、3月に入って市から「市県民税・後期高齢者医療保険料・介護保険料の変更通知書」が送付され、土地売却によって5万円余の追徴が通知された。

税金が課せられる

「売りたくて売ったわけじゃないのに、こんなに税金が取られるなんて」。

驚いたヨイ子さんは、近くに住む仕事人グループのメンバーのイイ子さん(仮名)に相談。イイ子さんは、「公共工事のための土地売却は5000万円まで非課税のはず。仕事人グループに相談して一緒に勉強しよう」と励ました。

2人は一緒に学習し、「公共工事の収用には特別控除があり、5000万円までは非課税」であることを確認し、20日に市の税務課に出向いた。

イイ子さんが「なぜ追徴が課せられたのか」と質問すると担当職員は「公共工事のための売却が非課税になるのは所得税のみ。地方税は課税対象となる」と説明し、ヨイ子さんは肩を落とした。

納得できるまで交渉

しかし、イイ子さんがこれに納得せずに「国と自治体で制度が違うのはおかしい」と抗議。「ヨイ子さんが納得するように(課税の)根拠を詳しく説明してほしい」と迫った。

これを受け、担当者はヨイ子さんと一緒に13年度分の申告内容を再確認した。

その結果、申告が赤字のために外していた配偶者控除を計算に入れることで土地の譲渡所得がゼロとなり、追徴分が消滅することが判明。ヨイ子さんはその場で更正の請求を行い、4万円余りが還付されることとなった。

👉 解決事例をすべて見る

business_17

(参考:全国商工新聞から)

まとめ

税金は難しいけど、学んで知識を付け、おかしいと疑問を持ったことは確認し、自分が間違っていないと確信すればしっかりと抗議・交渉しなければ好きなように取られて行ってしまう。

根本的にはイイ子さんがおっしゃるように国と自治体で制度が違うのはおかしいし、自治体も市民に対して不意打ちをくらわすようなやり方はどうかと思う。

こういった疑問を多くの人が抱き、おかしいと主張しないと、改善しないままおかしな状況が続くこととなる。

税金は本人が主張しないと、下々からやんわりといっぱい取れるよう出来ている。自らの身を守るためにも知識を付けないといけないと思った。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加