④経営・企業・マーケティング

Pocket

※現在、このページは準備中です

お金、商品についての基礎知識

基礎知識には商売のノウハウといったテクニカルなことは書いていません。ですのでハッキリ言って面白くないです。

しかし、基礎を知ることはとてつもなく重要。知っているのと知らないのとでは根本から違ってきます。

商売(ビジネス)をするならお金のことをしっかり理解しよう

人・モノ・カネ・情報という経営資源の中で、経営にとって「血液」とも言われるほどに重要なお金ですが、「お金とは何か?」との質問に的確に答えられる人は少ないです。

詳しく見る

商売(ビジネス)をするなら商品のことをしっかり理解しよう

商売とは字のごとく「商品」を「売る」ということです。商品を誰に売るかというと当然、お客さんです。では商品とは何か?

詳しく見る

FX(外国為替証拠金取引)や株取引は商売か?儲かるのか?

商売とは「商品」を「売る」ことなのでFX(外国為替証拠金取引)や株取引は商売とは言えません。一般的には投資や投機と言われます。
次に「儲かるか?」に関しては

詳しく見る

公的融資

資金は血液とも言われるほどに重要です。

そのため、融資は事業を継続し発展させるためには欠かせないと言えます。そして、その代表的な融資に公的融資という制度があります。

経営安定関連保証(セーフティネット保証)

取引先の倒産や事業活動の制限、災害、取引先金融機関の破綻等により、経営の安定に支障が生じている中小企業や小規模事業者を対象としている。

このような中小企業や小規模事業者の経営の安定を図るための保証制度のことをいう。

詳しく見る

借入金を一本化し返済負担を軽減できる!「借換保証」とは

複数の保証付借入金を新たに借換えて一本化することで、月々の返済負担を軽減し、中小・小規模事業者の資金繰りの円滑化をうながす制度。

詳しく見る

【条件変更】返済条件の変更:リスケジュール(リスケ)とは

条件変更とは、今の返済条件を変更し、毎月の返済額を減らすことで、返済負担を軽減させること。

そのことで、返済が滞ることを回避する。条件変更は、リスケジュール(リスケ)とも言われる。

詳しく見る

【条件変更改善型借換保証】条件変更中に新たな融資が可能に

従来は条件変更中に新たな融資を受けることは困難であった。

しかし、「条件変更改善型借換保証」が創設されたことにより、以下のことが可能となった。

詳しく見る

借入金返済ができなくなったらどうなる?制度融資と代位弁済

多くの中小事業者が利用する制度融資(保証協会の保証付き融資)の返済が不能となった場合、どうなるのかの流れを解説する。

詳しく見る

参考事例

滞納の消費税102万円(2年分)が消滅➔0円に!その方法

■ 所得税・住民税・事業税の5810万円が消滅!差押えも解除に

■ 求償権の消滅で債務消滅!新たに1300万円の融資を実現!

■ 340万円の借り換え融資に成功!赤字なくす事業計画書で

■ 社保料・国保・地方税の滞納780万円!借入3400万円に

■ 税金滞納が多額で融資困難!生活福祉資金で150万円を貸付

■ 自己破産の費用にも利用可能な生活福祉資金で157万円の借入!

■ 生活福祉資金で157万円!滞納税金は消滅!差押えを解除して

■ 自己破産を消す方法はあるか?借入・税金滞納・事業融資など

■ 税金の滞納が800万に!「納税義務消滅通知書」が届き全額消滅

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

※返信メールが届かない場合は誤入力となっています。直入力ではなくコピー&ペーストをお勧めします。

資金調達ガイド

メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加