340万円の借り換え融資に成功!赤字なくす事業計画書で

Pocket

東京都大田区の梅屋敷商店街の一角でスパゲッティ点を経営するマジメさん(仮名)は先ごろ、区の経営強化資金(金利1.5%、返済期間7年)を活用し、340万円の借り換え融資を実現した。

「仕事人グループ(仮名)のメンバーは、親切で相談しやすい。決算書作成でアドバイスをしてくれ、保証協会にも一緒に行ってくれた。融資が実現して本当に良かった」と笑顔を見せている。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

事業計画書の作成

融資の決め手となったのは「赤字を無くすための事業計画」だ。売り上げが伸び悩んでいる原因を分析し改善策を考えた。

店のコンセプト

柱の一つは、自販機やコンビニの影響でフトドリンクの注文が減っていることへの改善策。550円の生ビールを340円に、420円のハイボール、ウーロンハイを半額で提供。半額サービスで手ごろ感を出しつつ、併せて880円のピザを週替わりで500円にして軽く飲んで食事を楽しんでもらえるような計画を立てた。

ターゲティング

二つ目はファミレスなどの大型店の出店で減少しているグループ客や家族連れを増やすため、「なないろソースのオリジナルパスタ」をパーティーの主役にし、ピザやグラタンにもオリジナル性をさらに加え、夕方はパフェやグラタンを半額で提供。

「なかなかいいね」「たまにはいいね」と感じてもらえるように考えた。

ランチの提供

さらに新しいお客さんに入ってもらうために500円ランチを導入。まずは店に入ってもらい、次の来店につながるようにした。

こうした事業計画を地元の信用金庫に提出し、融資獲得の道筋をつけた。

資金繰り

マジメさんは9月の決算期を迎え、売り上げは前年に比べそれほど下がっていないものの消費税の支払いや資金繰りを考えて融資を受けたいと思うようになった。

信用金庫に相談したところ、中間決算の提出を求められた。

制度融資で保証付融資

知り合いから「仕事人グループに相談したらいいよ」と言われ、9月末、マジメさんは仕事人グループに相談。

メンバーと一緒に中間決算を作り、保証協会に出向いて融資を相談。職員は区の制度融資の内容とともに1.3%の金利を区が負担することなどを説明し、保証を付けることを約束した。

「コンビニは品ぞろえが豊富になり、100円のコーヒーもそれなりにおいしいし、ファミレスなどの大型店がいくつも出店している。地域の人たちが何を求めているのかを常にリサーチしてニーズに合ったメニューを提供したい」とマジメさんは張り切っている。

(参考:全国商工新聞から)

事業の資金繰り・キャッシング問題は

事業資金には様々な制度融資がある。是非、以下のリンク先からご確認いただきたい。

また、事業計画書の作成方法はこちら・・・小規模事業者持続化補助金で採択率の高い計画書の書き方①

カードローンや消費者金融からのキャッシングなどの借金については、「債務整理」という方法で解決を図る。

事業用資金をカードローンなどで工面している場合は、可能であれば制度融資などへの借換えを行うべきだ。

カードローンや消費者金融からのキャッシングが膨れ上がって、金利の支払いでいっぱいいっぱいの方や、返済が滞りそうな方、すでに返済が滞っている方、などは今すぐ「債務整理」を検討すべきだ。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加