所得税の滞納額250万円で差押予告!5万円を納付し残りを消滅に

Pocket

東京都練馬区に住む年金暮らしのマジメさん(仮名)はこのほど、仕事人グループ(仮名)に相談し、税務署と交渉。所得税の「滞納処分の執行停止」を実現した。

「滞納処分の執行停止」とは

滞納税金の納税義務そのものが消滅すること。0円になり、差押えられる心配もなくなるということ。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

差押えられる財産が無く、執行停止に

所得税本税と加算税、延滞税を合わせて滞納額は250万円に膨れ上がっていたマジメさん。

5万円を納付し、残りの滞納税金について徴収できる財産がないことが認められ(国税徴収法第153条第1項1号)、執行停止になったもの。

3月18日付で通知書が送られてきた。「本当に助かった。これでゆっくり寝ることができる」と安堵の表情を浮かべた。

「差押予告通知書」が届く

納付が滞っていた所得税は20年前に空調設備業を営んでいた時のもので、マジメさんはすっかり忘れていたそのことを。

昨年11月、練馬東税務署から「差押予告通知書」が送られてきて、びっくり。相談する場所も分からず、毎日悩み続けているうちに体の調子が得悪くなり、病院通いに。

その時、ふと思い出した地元の島田拓区議に相談したところ「仕事人グループに相談したらいいよ」と言われた。

年金生活で納付する力はない

相談を受けた仕事人グループのメンバーは11月15日、マジメさんと一緒に税務署に出向いて総務課長と面談。

マジメさんは「1カ月5万円の年金生活で納付する力はない」と状況を説明し、メンバーも「『滞納処分の執行停止』を適用してほしい」と訴えた。

差し押さえ物件無し

12月20日、2人の税務署員が自宅を訪れ、マジメさんと長男、仕事人グループのメンバーが対応した。

調査の結果、署員は調査書に「差し押さえ物件無し」と記入。長男に「5万円を納付してくれれば終わります」と言って帰った。

長男は「仕事人グループが立ち会うと今までとは態度が違うのに驚いた。仕事関係の仲間に仕事人グループの存在を知らせる」と話している。

👉 解決事例をすべて見る

(参考:全国商工新聞から)

「滞納処分の執行停止」は最後の切り札

「滞納処分の執行停止」を得るための対応としてはマジメさんの対応はすごくよかったのではないか。当然、アドバイスできる専門家はいるにしても、やはり本人の強い意志が一番重要かと思う。

「滞納処分の執行停止」の要件に該当する方は実際にはかなり多いはずだ。まずはしっかりと制度を知って、適切な対応をすることが自身の事業や生活を守ることに繋がる。命よりも価値があるモノなどないのだから。

最後の切り札滞納処分の停止

「滞納処分の停止」の要件

  • 1号要件:滞納処分を執行することができる財産がないとき(個人・法人)
  • 2号要件:滞納処分を執行することによってその生活を著しく窮迫させる恐れがあるとき
  • 3号要件:滞納者の所在及び滞納処分を執行することができる財産がともに不明であるとき

「滞納処分の停止」の要件が認められると

「滞納処分の停止」が認められれば、納税義務そのものが消滅する。(3年後、又は即時)

また、2015年に新設された申請型「換価の猶予」は申請の87%超が適用され、従来型の職権型「換価の猶予」も以前の3倍の適用が認められ飛躍的に向上している。猶予制度は大きな転換期を迎えている。

今、制度を利用し財産を守ることで、事業・生活・家庭を守らない手はない。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加