社会保険料2300万円未納で600万円差押え!解除方法は

Pocket

yen-currency-symbol

社会保険料の滞納を理由に600万円の売掛金が差し押さえられた兵庫県西宮市のマジメさん(仮名)=衣料品販売=は西宮年金事務所と交渉し、9月17日、差押えを解除させた。

「年金事務所に解除できないと言われた時には、破産の手続きをしなければと床にへたり込んだ。あの時仕事人グループ(仮名)に相談していなければ、今はありません」と話している。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

社保料の滞納が理由の差押えを解除注目事例

マジメさんは2010年から滋賀県草津市に本社を置く衣料品メーカーの委託販売会社を開業した。翌年から売り上げが減少し、社会保険料の納付が困難に。

それでも毎月1回以上は年金事務所に出向いて分納を続けてきた。

生命保険を差押え

しかし、4月に担当者が代わると分納を認めず、今年度分と未納分のあわせて毎月200万円を納付するように言われ、さらに売り上げが伸びた月は100万円~200万円の追加納付を迫られた。

「出来なければ売掛金や財産を差し押さえる」と言われ、やむなく納付誓約書に押印。

しかし、4月からの消費税増税や天候不良などの影響で例年より売り上げが減少し、8月には生命保険が差し押さえられ、未納分の社会保険料に充当された。

努力と誠意を示すも、差押え通告

マジメさんは納付の努力を続けたが、未納額は2300万円となり、9月1日、工面した10万円を年金事務所に持参したときに「こんな金額では追いつかない。もう結構。差押えを行います」と非情な通告を受け、二つの会社の売掛金を12日に差し押さえると通知された。

マジメさんは8日に西宮年金事務所に出向いて「このままでは従業員に給料が支払えない。差押えを解除してほしい」と訴えた。

しかし、「廃業するかどうかは社長さんの判断」と冷たく言われ、目の前が真っ暗になった。

oai4zh0

差押え解除へ交渉開始

マジメさんは仕事人グループ(仮名)に相談。9月11日、衆議院議員を通じ、西宮年金事務所の所長や徴収課長と面談できるよう依頼。

マジメさんは翌日、仕事人グループのメンバーと西宮年金事務所に出向き「このままでは月末に55人分の給料が払えず倒産に追い込まれる」と訴えた。

注目:国会答弁で給料の先取特権

また、衆議院財務金融委員会(09年2月22日)で日本共産党の佐々木憲昭議員の質問に対し、与謝野馨財務金融相(当時)が「租税債権より(賃金は)先取特権があると思う」と述べたことを取り上げ、

「差押えられた売掛金はすべて給料に充てるものであり、先取特権がある」と主張。

マジメさんは事業計画書や返済計画書とともに資金繰表を作成し、経費の約90%が給与と法定福利であることを明らかにした。

根拠ある数字を基に解除を要求

徴収課長は「事業計画や返済計画を作成してもらい、それを専門家に見せて納付が可能かを判断して対応したい」と回答。

仕事人は「給料の支払いは労働基準法で事業主に義務付けられている。民法では労働者への賃金支払いを税金よりも優先する先取特権を認めている。

給料の原資である売掛金の差押えは認められない」と解除を促した。

請願書、計画書を示し差押え解除

マジメさんは同日、厚生労働大臣に差押えの解除を求める請願書を提出した。翌日、年金事務所は差押えを強行したが、マジメさんは連休明けの16日に事業計画などの書類を提出。

翌日3度目の面談で徴収課長は「私の判断で差押えを解除する。仕事人グループさんも(計画書などを)チェックしてくれたと思うので信用する」と話し、差押え解除を指示した。

👉 解決事例をすべて見る

o9iy4g0

(参考:全国商工新聞から)

租税債権よりも労働債権は先取特権がある

この事例は、売掛金の原資が給与であることを証明することで、租税債権よりも先取特権があり、差押えを解除させた。という画期的な解決事例だ。

計画書などの作成もそうだが、この短期間での交渉の内容や進め方など、すごくインテリジェンスを感じる。学ぶことが非常に多い事例であることは間違いない。

感想:会社・従業員・社会にとっての三方良し

マジメさんが一人で悩み対応していたら、間違いなく差押えによって破産に追い込まれていたと思う。

そうなるとマジメさんもそうだが、この給料を受け取る55人の方々も路頭に迷うこととなる。

社会保険料を支払えなくなったことで、結果的にはそれ以上の社会保障を利用せざるを得なくなるということだ。何とも奇妙な話だが。

この差押え解除はマジメさんの事業だけでなく、多くの方々の生活を守った。本当に良かった。

 

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

【必要】督促状・差押え対策マニュアル

私たちが実際に多くの中小事業者の差押えを回避・解除してきた極秘マニュアルです。

これまでは企業秘密としてクライアント様の解決のためのみに活用してきたノウハウです。

多くの人がこのマニュアルで財産を守るこに成功しています。

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

差押えに関連する3つのこと

税理士選び 無料

専門家が見直すことにより、本来であれば払わらなくてもよい税金や保険料が発生していることが発覚する場合は驚くほど多くあります。

「長年同じ税理士に任せている」「ご自身で確定申告を行っている」、最悪なのは「税務署で確定申告を行っている」場合です。

「更正の請求」という修正申告の方法もあります。これを機に申告・決算のみならず担当税理士の顧問報酬を引き下げることも同時に検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

ファクタリング 無料

ファクタリングとは売掛金を買い取るサービスです。差押えを既に執行されていたり、差押えが迫った中では金融機関からのスムーズな借入ができない状況は多々あります。

多くの場合は売掛金を差押えます。売掛金を差押えられると取引先からの信用を失い取引停止・廃業と追い込まれるケースも少なくありません。

売掛金を差押えられるくらいなら、早めに現金化し分納するほうが良い場合も多くあります。

詳しくはこちら

弁護士事務所 無料

差押え問題の解決には債務整理も大きくかかわってきます。

例えば、税金・保険料の滞納は自己破産を行っても消えることはありません。

しかし、滞納している税金・保険料の納税義務を消滅させることでゼロにする唯一の方法である「滞納処分の執行停止」という制度は、債務整理と同時に行うことで適用される場合が非常に多くあります。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加