年金・給料・児童手当の差押え!差押禁止財産の解除方法を

Pocket

現在も後を絶たない年金や児童手当、給料などの「差押制限財産」や「差押禁止財産」などを差し押さえる違法差押え。

「税金や保険料を滞納していた自分が悪いのだから仕方がない」と生活や事業がその差し押さえによって破たん寸前に追い込まれているにもかかわらず、誰にも相談できずに泣き寝入りしている場合は驚くほど多い。

このような違法な差し押さえを役所が強行できる理由と、役所の違法差押えの判決を下した「鳥取児童手当裁判」の解説は「給料の差押え」と「鳥取県の徴収マニュアル改定」 などを参考にしていただきたい。

いくら滞納金が発生しているからといっても、払いたくても払えない状況に耳を傾けることなく、権力を駆使して違法に納税者の懐から生活費や事業資金を強奪する行為を許してはならない。泣き寝入りしてはいけない。

徴収役人を違法に強奪したあなたの税金で、悠々と自分たちの稼ぎにさせてはならない。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

年金を差し押さえ!解除し返金へ

愛知県瀬戸市のマジメさん(仮名)=店舗デザイン=は6月18日(2013年)、仕事人グループ(仮名)のメンバーと共に蟹江町と交渉した。

鳥取地裁判決(※現在は広島高裁判決)を力に同町に差し押さえられていた年金を返還させた。

528万円が滞納に

マジメさんは、12年前に勤めていた会社の倒産を機に独立したが、知人の保証人になったことで多額の債務を負うこととなった。

昨年9月に自己破産し免責を受け、全財産を失い生活は困窮。病気を患っている家族を抱え、わずかな売上げと年金が生活の支えだった。

固定資産税や国民健康保険、町県民税の未納額と延滞金で約528万円をやむなく滞納したいた。それでも月2000円ずつ分納してきた。

借りてでも払え

今年5月下旬、「差押執行予告所」が送られてきた。マジメさんは6月3日、同町の職員に問い合わせた。

職員は「分割支払いは不可だ。全額を払わなければ差し押さえる。借りてでも払え」と言い放った。

マジメさんが「自己破産した私にとって年金は生活の糧。差し押さえられたら生活できない。死ねというのか」と訴えると、職員は「それはあなたの事情」と冷たく突き放し、マジメさんに寄り添う姿勢はなかった。

預金・年金を差し押さえ

6月6日、同町はマジメさんの預金口座にあったわずか854円の預金を差し押さえ。年金振込日の6月14日には、預金口座に振り込まれた年金と同額(26万8533円)を差し押さえた。年金の振り込まれる前の預金残高はゼロ。

法律で差押えできる金額が制限されている「差押制限財産」である年金の全額を差し押さえた。

差押えの違法性を指摘

6月18日の交渉にはマジメさんの他、仕事人グループのメンバーらが参加。総勢13人を超えた。

メンバーらは「自己破産し免責を受けていた事実を知っていて、なぜ納税相談に応じなかったのか」と迫ると、町側は「(自己破産免責は)知らない」と回答。

役員らは鳥取地裁判決(※現在は広島高裁判決)を詳細に示し「差し押さえの違法性は極めて高い」「道義的に許せない」と厳しく追及。マジメさんは預金通帳のコピーを突き付けて、同町の差押え処分の不当性を訴えた。

町は、マジメさんが破産免責を受けた事実と差し押さえが制限されている年金を差し押さえたことを認め、「年金を返金する手続きをする」と回答した。

交渉後、マジメさんは「仕事人グループに感謝しています。鳥取県の戦いにも励まされ、年金を取り戻せた。私の経験が他の人の役に立ってほしい」と喜んだ。

 👉 解決事例をすべて見る

児童手当・給料が差し押さえ!解除し返金へ

地方税の滞納を理由に児童手当と給料が差し押さえられた長野県中野市のマジメさん(仮名)から相談を受けた仕事人グループ(仮名)は6月中旬、マジメさんと共に中野市と交渉。

差し押さえられていた約12万円をすべて取り返した。

国民健康保険料が滞納に

マジメさんは30代。妻と小学1年生の長男と次男の4人家族。長引く不況の中、アルバイトで生活費を捻出していたが、2008年頃から国保税の支払いが困難に。

同税や延滞金などを含めて約33万円の滞納を余儀なくされた。

預金口座を差し押さえ

今年5月、マジメさんはやっとの思いで製造業を営む会社に勤めることができた。6月10日は初めて受け取る給与と児童手当の振込日。

妻が銀行で引き出そうとすると、残高141円の預金口座に振り込まれた児童手当8万円と給与16万6151円のうち、12万6292円が同市に差し押さえられ、滞納税金に充当された。

妻は目の前が真っ暗に。子どもの教育費と自動車税などを支払うと、手元には4000円しか残らなかった。

差押え解除へ交渉

親族から「困ったら仕事人グループ(仮名)」とアドバイスを受けたマジメさんと妻は、6月18日、仕事人グループに相談。市の税務課へ抗議し交渉した。

交渉は20日にも行われた。マジメさんらは鳥取地裁判決(※現在は広島高裁判決)や預金口座に入金された給与の差し押さえの取り消しを求めた裁判の和解事例(10年3月)わ示し、「児童手当や給与の差し押さえは不当だ」「2人の子どもを抱えているのに生活ができなくなる。生活状況を把握して行ったのか。困っている市民に寄り添った対応はできないのか」と厳しく迫った。

差押えられた全額を返金

税務署課長らは、生活状況を把握していなかった事実を認めるとともに、国保税の減免や就学援助制度を説明するなど対応に変化が。

滞納税金に充当された差押え金額については、全額を返すことを約束した。

後日、妻から「全額返してもらいました」とホッとした様子で仕事人グループに連絡が入った。

(参考:全国商工新聞から)

2015年に新設された申請型「換価の猶予」は申請の87%超が適用され、従来型の職権型「換価の猶予」も以前の3倍の適用が認められ飛躍的に向上している。猶予制度は大きな転換期を迎えている。

今、制度を利用し財産を守ることで、事業・生活・家庭を守らない手はない。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加