国民健康保険料→滞納→差押え【誰でもわかる解説と解決方法】

Pocket

国民健康保険料の滞納・差押え問題を解決

「国民健康保険料を滞納していたら差押えられました!今からでも何とかなるでしょうか?」

この様な相談が私たちに日々寄せられる。もちろん、このような状況でも差押えは解除することも返金することもできる。

この記事のポイント

  • 国民健康保険の差押えには基本的な解決方法がある
  • しかし、そもそも差押えという強制執行がどのようなものかを理解しないで回避・解除することは不可能
  • そのため、「国民健康保険料→滞納→差押え」となる基本的な流れを理解していただきたい

国保料の滞納を放置、無視すると差押え

あなたは国民健康保険の差押えに対し、状況にあった適切な対応を取らなければならない。

なぜなら、自己破産で借金はチャラになるが、国保料の滞納・延滞金は消えないからだ。

法的には、役所は督促状が届いてから10日後には財産を差し押さえ、あなたを再起不能へと追い込むことができる。(徴収法47条)

督促状(催告書)・差押えとは

国民健康保険料を滞納していたら

督促状(催告書) 差押え 公売 へと進む。

327179

この国には「納税の義務」というややこしいものがある。

だから、国保料を滞納して放っておいたら、

最後は権力を駆使して強制的に徴収される。

差押え・強制執行だ。

344461

国保料を滞納していたら本当に差押えられる?

国民健康保険料は、年間約35万件が差押えられている。

さらに約10年で差押件数は約2倍に・・・

簡単に差し押さえられる。

ご主人が「大丈夫、大丈夫」とか能天気なことを言っている貴女。

ハッキリ言う。

「全然、大丈夫ではない」

344461

法律上は、督促状が届いてから10日後には差し押さえられる(徴収法47条)

ちなみに財産価値が高く、すぐに換価(現金化)できる ◉預金  ◉給与  ◉売掛金  ◉生命保険 が中心に差し押さえる傾向にある。

344464

まぁ、一般論では、滞納してた「あんたが悪い」で済まされる。

差押えは、どうすることもできないのか?

あなたが、意図的に払わないのであれば「払えよ」としか言いようがない。

しかし、あなたが払いたくても払えない人であれば

大丈夫。解決できる。

001211

では、どうすれば差押えを回避できるのか?

答えは、あなたの状況に合った適切な対策を講じるだけだ。

滞納問題は『納税緩和処置』という法的制度を活用する以外に強制執行から財産を守る方法はない。

ただゴネまくっただけで差押え解除など得られる訳がない。

役所からの「差押え」や「無理な一括納付」の脅しに苦しんでいるあなたに、私たちはサラ金や法律事務所のような実際には使えない教科書情報は提供しない。

例え話で無駄な知識を得るために費やす時間は無いはずだ。具体的な解決の方法をお伝えする。

解決方法を

それでは督促状(催促状)や差押えがどのようなものかをご理解いただいたということで、本題の差押えを解除する方法である

  1. 『納税緩和処置制度』とはどのような制度か
  2. どのようなメリットがあるか
  3. 差押えを交渉でどのように回避・解除するか

の具体的な話に進む。

今までの解説はウオーミングアップ程度なので、これからの解説は集中して読んでいただき、しっかりと理解していただきたい。

それでは、解決のために次に進んでいただきたい。

👇👇👇

解決のため次へ進む ➤➤➤

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

※返信メールが届かない場合は誤入力となっています。直入力ではなくコピー&ペーストをお勧めします。

メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加