月15万円の給料の差押えを解除!払える額の分納にした方法

Pocket

o9iy4g0

広島県三原市のマジメさん(仮名)=解体=は2月10日、三原市による自身の給与、月額15万円の差し押さえ解除を求めて交渉。

仕事人グループ(仮名)作成の家計表を使いながら商売と生活の状況を示し、月々の分納を条件に、差し押さえの解除を約束させた。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

給料の差し押さえを解除

2014年に税務調査を受け、税務署の言うままに修正申告をしたものの、納めきれない税金に悩んでいたマジメさん。

この間、払える金額で誠実に納付を続けてきたが、昨年3月以降、納付が困難となり、事業とは別に月々15万円ある給与収入は三原市に差押えを受けていた。

マジメさんが仕事で知り合ったヒトヨシさん(仮名)=塗装=に勧められて仕事人グループに相談したのは1月のこと。「納税者の権利を学び、きちんと主張すれば必ず道は開ける」と励まされた。

その後、仕事人グループのメンバーと納税者の権利を学び合いながら、市役所との交渉に臨むことを決意。

紹介者のヒトヨシさんが「僕も応援に行くよ」と励ましてくれたことも背中を押し、今回の交渉に臨んだ。

差押え解除・分納の交渉

三原市との交渉では実態を示し、「仕事人グループのメンバーと一緒に毎月第4木曜日に納付に来るから、差押えは解除してもらいたい」と訴えた。

市側は「仕事人グループのメンバーと分納に来てもらえるなら、分納誓約書を書いてもらうことを条件に差押えは解除します」と回答。無事に解除させることになった。

また、同日税務署とも交渉し、分納額を月々10万円から8万円に減額してもらうことを約束した。

マジメさんは「最初はどうなるかと思ったが、頑張ることができ、なんとか払っていくことができそう。

学び合い、助け合う仕事人グループの魅力を実感できた」と喜びを語り、「知人にも仕事人グループを勧めたい」と紹介を約束してくれた.

👉 解決事例をすべて見る

10145-nmqmai

(参考:全国商工新聞から)

分納方法

グループで分納に行く日を決めて、集まって行くことで市も安心できるし、一人では厳しい分納も頑張って続けていくことが可能となるのだろう。これは凄くいい方法と思う。

BOP(BaseoftheEconomicPyramid)ビジネスのマイクロファイナンスで知られるバングラデシュグラミン銀行の融資システムの構造と似ている。

BOPビジネスは個人的にも凄く興味があり、勉強している。今は世界の貧困層を中心にとしたビジネススタイルであるが、戦後からの発展途上では日本でもBOPビジネスのモデルケースのようなビジネスが展開されていたが、今後は新たなスタイルのBOPビジネスが展開される可能性は十分に考えられる。

興味がある方は、BOPビジネスを学んでみると面白いと思う。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加