税務調査が少額修正で終了!3万円の還付も-仕事人

Pocket

Laptop and financial Graphs

税務調査!不安な中で

岩手県一関市のマジメさん(仮名)=設備工事=は一関税務署から、「今月中に税務調査をしたい。帳簿の一切を見せてほしい」と7月下旬に事前通知があった。

「毎年きちんと申告しているはずなのに、どうして調査対象になるのか」と不安を覚えたマジメさんは仕事人グループ(仮名)に相談。仕事人メンバーからのアドバイスを受けて調査に対応することとなった。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

👉 借金でお困りの方はこちら

税務署からの脅し

まず、仕事の都合で調査日時の延長を求めたマジメさんに税務署員は「反面調査もありうる」と言い放った。これに対し仕事人グループは2度の税務署交渉を行った。

11月までに計6回の税務調査では、仕事人グループのメンバーが立ち会う中、マジメさんは自らの申告の正当性を署員に堂々と主張した。

 申告をしっかりと主張

署員は12月11日、調査結果を説明。

①所得税と消費税(平成22年から3年分)の申告に故意の脱税は無かった。

②経費の取扱いはすべて正当である。

③売上上の計算にわずかなミスがある。

④平成22、23年度分の所得税に約3万円の還付が発生する

ことを明らかにし、ごく少額の修正申告をすることで調査は終了した。

 

👉 解決事例をすべて見る

 083932-150ppp

(参考:全国商工新聞から)

申告をしっかりと主張する

マジメさんの間違っていないことに対し、正々堂々と主張する勇気が良い結果となったのであろう。

一方の税務職員は、何の根拠もないのに、反面調査などもちらつかせ、マジメさんを脅すような態度だ。

ろくなことに使われない税金を、日々忙しい中で帳簿を付け、真面目に払ってやっているのに、高圧的な税務署員の態度には本当に腹が立つ。

しっかり謝罪せえや。こっちがお前らの家に押し入って、洗いざらい調査したいわ。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

 

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加