消費税の差押えを3人が回避!分割納付で延滞税が5分の1に

Pocket

o9iy3b0

岐阜県岐阜市で仕事人グループ(仮名)は先ごろ、岐阜北税務署へ3人で「換価の猶予」申請書を提出した。4月27日には3人全員に「換価の猶予許可通知書」が届き、換価の猶予が認められた。

これにより、納付期限・税額が分割され、延滞税は9.1%から1.8%へ約5分の1に減額。突然の差押えを受ける心配もなくなった。

3人からは「これまでも分割して払っていたが、制度を利用したのは初めて、延滞税も安くなり、安心して払っていける」など喜びの声が寄せられている。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

納付期限・税額が分割。延滞税は減額

提出では、署員に商売の実情や見通しを率直に主張して、それぞれ数カ月から来年3月まで毎月の分納計画を記入した「換価の猶予申請書」を提出した。

今年に入ってから売上が大きく落ち込み、初めて分納にすることにしたマジメさん(仮名)=水道工事=は「どうやって消費税を納めようか不安で仕方なかった。でもこれで安心して納付できる」と胸をなで下ろした。

延滞税が軽減、差押えを回避

毎年、納付期限までに払うことができず4~5万円の延滞税の納付書が届いていたという土木作業員の青年は「こんなに簡単に申請が認められるとは、正直ビックリした。延滞税が少なくなるのは嬉しい」と話した。

仕事人グループでは「消費税を3月末までに納められなくても、納付計画を示した申請書を提出すれば延滞税が5分の1に軽減される。売掛金の差し押さえ処分を受ける心配もなくなるから、大いに申請しよう」と呼びかけを広めていた。

👉 解決事例をすべて見る

 o9h91o0

(参考:全国商工新聞から)

換価の猶予

換価の猶予とは、納付の誠意が認められる滞納者が

  1. 滞納処分で財産を換価することによって、事業の継続や生活の維持を困難にするおそれがあるとき
  2. その財産を換価するよりも猶予する方が徴収上有利であるとき

のいずれかに該当すると認められる時、1年に限り(延長制度あり、最長2年)その財産の換価処分(公売)を猶予することができる分納制度だ。

認められれば差押えが猶予または解除され、分納中の延滞金が減額される。

換価の猶予には「申請型」と「職権型」がある。「申請型」のみの要件などもあるので、要件などをチェックし、双方をうまく活用する必要がある。

「換価の猶予」が認められると、

  1. 猶予期間(最長2年)の延滞税が半分免除になる。
  2. 認められれば通常、延滞税は9.1%で計算されるが、年率1.8%で計算され、免除の範囲がいっそう拡大する。
  3. 更に、既に差押えられている財産は公売にかけられない。

「申請型」換価の猶予

従来は「職権型」という税務署長の職権による換価の猶予のみであった。簡単に言うと、「認めるも認めないも税務署長次第」みたいな感じの制度だ。

「申請型」換価の猶予は従来の「職権型」に加えるという形で2015年4月に新設された「申請」に基づく換価の猶予の制度だ。

適用されれば、原則1年間(延長制度があり、申請型で最大2年。職権型と併せることも可能で最長6年)。地方税の「申請型」換価の猶予も、4月から実施されている。

特に2015年に新設された申請型「換価の猶予」申請の87%超が適用され、従来型の職権型「換価の猶予」も以前の3倍の適用が認められ飛躍的に向上している。猶予制度は大きな転換期を迎えている。

今、制度を利用し財産を守ることで、事業・生活・家庭を守らない手はない。

感想:延滞税が5分の1.差押えを回避

税務署は単なる分納を進めてくる。

しかし、単なる口約束の分納は、かなり危険だ。実際に担当者が代わった途端に差し押さえられたり、無理な返済計画を強要され差押えをちらつかせたりする脅しに苦しむことは、想像以上に多い。

「まぁ大丈夫やろ。役所はそんなにエゲツないごとはせんやろ」と思っていたら、取り返しのつかない事態になる場合は多々ある。「まぁ大丈夫」くらいの時に早めにしっかりと対策を講じよう。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加