税務調査で税務署に謝罪させる!-仕事人

Pocket

oai50x0

税務署から税務調査について「呼び出し文書」が送られてきた大阪府和泉市のヨイ子さん(仮名)=美装=は、仕事人グループ(仮名)で納税者の権利を学んで、税務調査に対応。

国税通則法に基づいて税務署は実地調査に「事前通知」が義務付けられたことなどを踏まえて税務署へ抗議し、謝罪させた。

「仕事人グループに相談していなかったら、どうなっていたか」と胸をなでおろしている。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

👉 借金でお困りの方はこちら

「呼び出し文書」が届く

ヨイ子さんに申告書の提出を迫る「呼び出し文書」が届いたのは2015年9月17日。夫の病気や母の認知症などが重なって3年間税務署への申告ができずにいた。

また、離れて暮らすヨイ子さんの長女の家にも税務署が文書を送ったことも不安をかきたてた。

知り合いの弁護士に相談すると、仕事人グループを紹介され、すぐに相談。

その時、税務署の通知が長女の家に送られたことや、「事前通知」なしで調査することが違法・不当であることを初めて知った。

違法・不当な税務調査

ヨイ子さんは9月29日に仕事人グループのメンバー3人と税務署に行き、請願書を提出し抗議。

数日後、税務署員はヨイ子さん宅を訪れ、長女の家に通知を送ったことを謝罪した。

その後、仕事人グループで学び、3年分の申告計算をして税務署の提出。後日税務署から「申告通り受け付けた」と電話があった。

ヨイ子さんは「本当にホッとした。感謝でいっぱい。もっと早く仕事人グループを知っていたら、こんな大変な思いをしなくてよかった。本当にありがとうございます」とよろこびを語っている。

(参考:全国商工新聞から)

👉 解決事例をすべて見る

businessman hold hand truck with red dollar

税務調査への対応

税務調査はしっかりとした対応をしないと、とんでもない調査の傷を引きずることとなる。

税務調査は任意調査にも関わらず、超上から横柄な態度の税務署員も多々存在する。そのような署員にはしっかりと抗議しなければ、より多くの被害者を生むことに繋がる。

税務署はまだまだ「事前通知」をしないなど、ひどい税務調査を強行し、納税者が修正申告の内容に納得していないにも関わらず半強制的な押印を押し付けてくる。

そのまま押印にこたえてしまえば、追徴課税になり税や保険料・延滞税などで苦しむことになる場合が多々ある。

絶対に納得しない形で押印するのは避けなければならない。

事前通知、調査理由の開示を求める

税務調査にあたって納税者には事前通知が原則、義務化された。

  1. 事前通知を行う時期は「あらかじめ、納税義務者に対し・・・、通知するものとする」(国税通則法第47条の9第1項)
  2. 「調査開始日までに相当の時間的余裕をおいて、電話により事前通知する」(事務運営方針)

としている。

税務署が納税者と電話による連絡がとれないことを理由に、納税者の自宅や店舗を訪問して面接することになった場合、その場で税務調査に移行することはできない。

事前通知のない突然の調査や、都合の悪い日の調査は断る。

事前通知が法定化されたのと同時に、事前通知を行わない例外規定も盛り込まれた。

この例外規定を利用した無予告調査が横行している。

自宅や職場に突然税務署員がやってきた場合、なぜ事前通知をしなかったのかを質し、正当な理由があるのかどうかを確認する。

正当な理由が無い場合は適正手続きを欠いた違法調査となる。

事前通知すべき事項は以下の11項目

事前通知の11項目

①実地調査を行う旨
②実地調査を行う日時
③調査を行う場所
④調査の目的
⑤調査の対象となる税目
⑥調査の対象となる期間
⑦調査の対象となる帳簿書類その他の物件
⑧調査の相手(納税者)の氏名および住所
⑨調査担当署員の氏名および所属
⑩②と③は変更可能であること
⑪④~⑦で通知されなかった事項についても、非違が疑われる場合には、質問検査などを行うことができること

※税務署からの突然の臨店や電話に対しては必ずメモをする。

 

文書で通知するよう要求する。

税務署から電話があったときには、11項目の内容を聞き、しっかりとメモをとる。

一つでも欠けると事前通知の不備にあたり、適性を欠いた違法調査となる。

税務調査

ここまで見ていただいたように、税務署はあなたの見方ではない。むしろ、最近の動向からは、最初から脱税者に仕立て上げようとしていたり、更なる課税を目的としている。

税務署員は友達ではない。馬鹿みたいに協力などしていたらハメられるのがオチだ。しっかりと実情を理解して対応することが重要だ。

先ずは「税務調査についての10の心得」で確認しておこう。

あなたにとって最も有益な情報を

あなたが、お金は有るが税金は払いたくなく、滞納しているのであれば「払えよ」としか言いようがない。

あなたが、払いたくても払えない人であれば、あなたの状況を好転するための最も有益で価値のある情報を提供することを約束する。

すべての問題の解決には、

  1. 基本である制度を知る
  2. 参考となる実例を基にシュミレーション
  3. 交渉を優位に進める

の3点を、三位一体で進めなければ解決には至らない。

解決事例から、あなたの状況を解決に導く実例を参考に、解決に繋げていただきたい。

制度の理解や、確実に成果を上げるための交渉・申請のポイントを、簡単に分かりやすくまとめたマニュアルも提供しているので確認していただきたい。

👉 滞納・差押え問題でお悩みの方はこちら

私たちが多くの困難な差押えを解除・回避に導いてきた貴重なマニュアル

👉 借金でお困りの方はこちら

ご相談はこちら 無料

※ご記入いただいたアドレスに返答メールが届きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加